HOME > 講座一覧 > 構造設計実務 Web講座 マスターコース

構造設計実務Web講座 マスターコース

誰でもできる!一貫構造計算プログラムによる
構造設計実務 Web講座

 一貫構造計算プログラムは、種々の法令や規準に対応すべく作成されているため、大変複雑なものになっており、その使用にあたっては十分な注意が必要となります。それらを考慮して構造設計実務 Web講座 マスターコースでは、正確で効率的な構造計算書作成方法を学ぶ事を目的にしたコースです。
 マスターコースは「RC造構造計算コース」「S造構造計算コース」の2つからなるコースとなります。

 RC造は6階建、S造は3階建の建物を対象に、一貫構造計算プログラムで作成した構造計算書について、下記を学習します。
①基本的な考え方、アウトプットの見方、計算結果の検証方法等について
②技術基準解説書のうち重要な項目について設計の流れに沿って解説
③「建築物の構造関係技術解説基準解説書」や「学会規準」等について
④RC造:基本設計に大変役に立つ「構造計画と設計ルート」について
⑤S造:現在応力解析の主流になっている「マトリックス法応力解析」の基礎について

※当講座では一貫構造計算プログラムは ユニオンシステム株式会社 のSS3を使用しています。


講座概要

対象者 一貫構造計算プログラム経験者
お申込み受付 随時
配信期間 受講開始から1年間
講義時間数 36時間
使用教材 日建学院オリジナル教材

受講申し込み

  • 構造設計実務Web講座 マスターコース

    200,000円 +消費税(教材費込み)

お申し込み前にご確認ください

お申し込みに関しては、必ず特定商取引法による表示をご確認ください。

消費税について:税率変更の際は、その税率に応じた金額となります。


カリキュラム・講義内容 [技術基準解説]
(RC造構造計算、S造構造計算共通)

[建築物の構造関係技術基準解説書 設計への適用]

回数 講義内容
  ・講義開始にあたって
1 1.荷重
2.許容応力度
3.設計法(前半)
2 3.設計法(後半)
4.木造
5.RC造
3 6.S造
7.SRC造
8.基礎・地盤
9.その他

※カリキュラム・講義内容は変更する場合がございます。


カリキュラム・講義内容 [RC造構造計算・S造構造計算]

現在応力解析の主流になっている「マトリックス法応力解析」の基礎講義

回数 RC造構造計算 S造構造計算
1 ・講座受講にあたって ・概要
・設計法概要(前半)
・講座受講にあたって ・概要
・マトリックス法による線材の応力解析
2 ・設計法概要(後半)
・構造計画と設計ルート
・設計法概要
3 ・対象建築物と構造設計
・RC造構造計算書(1)一般事項、建物形状(前半)
・対象建築物と構造設計
・S造構造計算書(1)一般事項、建物形状(前半)
4 ・RC造構造計算書(1)一般事項、建物形状(後半)
・RC造構造計算書(2)荷重・応力解析
・S造構造計算書(1)一般事項、建物形状(後半)
・S造構造計算書(2)荷重・応力解析
5 ・RC造計算書(3)断面検定 ・S造構造計算書(3)断面検定
6 ・RC造構造計算書(4)壁量、柱量、剛性率、偏心率
・RC造構造計算書(5)二次設計基礎理論、一般事項
・S造構造計算書(4)壁量、柱量、剛性率、偏心率
・S造構造計算書(5)二次設計基礎理論、一般事項
7 ・RC造構造計算書(6)保有水平耐力検討
・RC造構造計算書(7)スラブ・小梁の設計(前半)
・S造構造計算書(6)保有水平耐力検討
8 ・RC造構造計算書(7)スラブ・小梁の設計(後半)
RC造構造計算書(8)現場造成杭の設計
・S造構造計算書(7)スラブ・小梁の設計
9 ・RC造構造計算書(9)合理的な構造設計の追求 ・S造構造計算書(8)現場造成杭の設計
・低層S造の構造計画資料設計検討例から構造計画を考える

※カリキュラム・講義内容は変更する場合がございます。

使用教材

  • RC造構造計算書編
  • S造構造計算書編
  • 建築物の構造関係技術基準解説書 設計への適用

受講申し込み

  • 構造設計実務Web講座 マスターコース

    200,000円 +消費税(教材費を含む)

お申し込み前にご確認ください

お申し込みに関しては、必ず特定商取引法による表示をご確認ください。

消費税について:税率変更の際は、その税率に応じた金額となります。

・構造設計 実務Web(RC造構造計算コース)
・構造設計 実務Web(S造構造計算コース)

実務

ページTOP