HOME > 講座一覧 > 構造計算書作成 Web講座 マスターコース

構造計算書作成Web講座 マスターコース

だれでもできる!一貫構造計算プログラムによる
構造計算書作成 Web講座

 構造計算書作成Web講座 マスターコースとは、低層RC造、低層S造の建築物(ルート1設計)を対象に一貫構造計算プログラムSS3を使った確認申請用構造計算書の作成、必要最低限の品質確保及び申請時の質問対応等の能力育成を目的とした講座です。

※当講座では一貫構造計算プログラムは ユニオンシステム株式会社 のSS3を使用しています。

このような方にお勧めです。

①建築系大学を卒業するにあたり、就職先を構造事務所と考えている方。
②将来、自社内に構造部門を設けたいと考えている方で、一貫構造計算プログラムSS3をマスターしたい方。
③意匠設計事務所に勤務し、将来独立(意匠と構造が出来る事務所)を考えている方。
④構造事務所に転職された方で、一貫構造計算プログラムSS3をマスターしたい方。

入学者特典

 この講座を受講中で、実際の一貫構造計算プログラムSS3を使ってみたいという方は、5ヶ月間の期間限定で、20,000円+税で使う事ができます。
※特典の申込みは、ユニオンシステム株式会社となります。
※操作方法についてユニオンシステム株式会社のサポートを受ける事も出来ます。

講座概要

対象者 一貫構造計算プログラム未経験者
お申込み受付 随時
配信期間 受講開始から1年間
講義時間数 13.5時間
使用教材 日建学院オリジナル教材

カリキュラム・講義内容

総時間:約7時間

回数 低層RC造 低層S造
1.はじめに 1.講義開始にあたって
2.一貫プログラムの特徴、使用上の注意事項
3.講座内容
4.受講順序
2.構造基礎理論 梁許容曲げモーメント
柱許容曲げモーメント
耐力壁のせん断耐力
付着、定着の検討法
柱、梁接合部の検討法
基礎理論
たわみの計算
線材の応力解析法
マトリックス変位法(1)
マトリックス変位法(2)
固定法・D値法
3.設計法概要 構造特徴
2.設計フロー
3.基本事項①
4.基本事項②
5.基本事項③、④
6.ルート選定
7.許容応力度計算
8.技術資料
構造特徴
2.設計フロー
3.基本事項
4.筋かい破断防止
5.冷間成型角型鋼管
6.局部座屈
7.柱脚の破断防止
8.保証設計
9.許容応力度計算
10.断面検定 基礎理論
4.対象建物と構造計画 1.対象建物
2.基本方針
3.基礎知識
4.柱仮定断面
5.梁仮定断面
6.基礎仮定断面
1.対象建物
2.基本方針
3.断面設定
4.概算応力
5.地震力
6.風圧力
7.概算応力
8.柱仮定断面
9.梁仮定断面
10.基礎梁仮定断面
11.布基礎仮定断面
5.一貫構造計算
プログラム
「Super Build/
SS3」入力編
1.はじめに
2.新規入力
3.基本事項2
4.壁登録配置
5.床登録配置
6.断面算定
7.ソフトのすすめ
1.はじめに
2.SS3の起動
3.マウス入力
4.小梁登録配置
5.解析
6.関連プログラムの紹介
7.ソフトのすすめ
6.SS3の
インプット(1)
1.SS3の概要
2.基本事項
3.計算条件
4.標準使用材料
5.荷重
6.部材計上登録
7.部材計上配置
8.特殊荷重、補正データ
1.SS3の概要
2.基本事項
3.計算条件
4.標準使用材料
5.荷重
6.部材形状登録
7.部材計上配置
8.特殊荷重、補正データ
9.インプットの確認
7.SS3の
インプット(2)
1.講義概要
2.特殊荷重、補正データ
3.断面算定
4.結果検証
5.構造計算書作成
1.講義概要
2.特殊荷重、補正データ
3.応力解析
4.断面算定
5.解析指示
6.結果検証
7.構造計算書作成
8.その他の設計 1.構造計算書解説
2.プログラムチェックリスト
3.基礎の設計
4.スラブ、小梁の設計
1.講義内容
2.構造計算書解説
3.基礎の設計
4.その他の設計
5.その他の設計(小梁、方持梁)
6.その他の設計(階段)

※カリキュラム・講義内容は変更する場合がございます。

使用教材

  • 低層RC造構造計算書作成講座
  • 低層S造構造計算書作成講座

受講申し込み

  • 構造計算書作成Web講座 マスターコース

    100,000円 +消費税(教材費を含む)

お申し込み前にご確認ください

お申し込みに関しては、必ず特定商取引法による表示をご確認ください。

消費税の税率変更の際は、その税率に応じた金額となります。

・構造計算書作成 Web講座 低層RC造コース
・構造計算書作成 Web講座 低層S造コース

実務

ページTOP