HOME > 講座一覧 > 耐震性能評価スピード計算法Webコース

耐震性能評価スピード計算法Webコース

今まで学習する機会がなかった「最新の耐震設計(限界耐力計算法・限界状態設計法)」をスピード計算法で精度の良い性能判定が「短時間で!」学習できます。


 許容応力度計算法では検証が不可能な大地震(震度7クラス)に対する建物の耐震性能の安全性を最新の知見を用いて耐震性能をスピーディに判定する実用計算法「保有水平耐力計算法・限界耐力計算法・限界状態設計法」を用いて検証を行います。
その計算法を手計算で学ぶコースが「耐震性能評価スピード計算法Webコース」です。

※手計算による計算結果は構造計算ソフトを用いた計算結果とほぼ同じ結果が得られています。

この講座の一番の魅力は、精度の高い「耐震性能評価」を難しい計算でなく、スピード計算法でコンパクトに学べることです。


谷口講師

 講師は構造計算初級・中級コースで解説されている谷口先生です。谷口先生の講義は誰でも理解できるようにと難しい構造計算を分かりやく解説されることで定評のある講師です。


POINT

  1. 難解な「限界耐力計算法」と「限界状態設計法」が、この講座で一発で理解できる。
  2. 構造計算(仮定断面)の時点で「耐力」と「必要値」が推定できる。
  3. 意匠設計者にとって自分が設計した建物の耐震性能をスピード計算法で素早く確認できる。
  4. 耐震性能評価が短時間で可能となり、その判定を基に施主に説得力のある説明ができる。
  5. 許容応力度計算までの経験しかない技術者でも「終局強度法」による耐震設計が容易に理解できる。
  6. 構造設計一級建築士修了考査で問われる「弾塑性理論」の概念が、三つの計算法(保有水平耐力計算法・限界耐力計算法・限界状態設計法)で体系的に理解できる。
  7. 構造計算を勉強したことがない技術者でも耐震設計をわかりやすく学習できる。

  8. ※耐震性能評価スピード計算法は、日本建築学会の文献及び告示に理論的根拠を置く精度の高い計算法です。

耐震性能評価スピード計算法Webコース 講座ガイダンス

52:20 耐震性能評価スピード計算法Webコースのご案内です。


講座概要

お申込み受付 随時
対象者 震度7に対する耐震性能の検証で実用計算法「保有水平耐力計算法・限界耐力計算法・限界状態設計法」(RC造、S造、木造)を勉強したい方。
入学者特典 特典として「耐震性能評価スピード計算法Webコース」に入学された方全員に下記、専門書「限界状態設計法 計算例」(RC造・S造・木造)の3冊を進呈いたします。
※欧米では1960年代に「許容応力度計算法」は既に止めており、「性能評価型耐震設計法」で「限界耐力計算」及び「限界状態設計法」に移行しています。

専門書1 専門書2 専門書3


※この進呈本(専門書)は教材の一部ではありませんので講義や質問対応はありません。
使用教材 日建学院オリジナル教材
配信期間

1年間
講義約21時間を自由な日程で繰り返し学習ができます。
※講義時間数は変更になる場合がありますのでご了承ください。


カリキュラム・講義内容

●保有水平耐力計算法(約7時間)

科目 カリキュラム
・RC造3階建て
・S造5階建て
・木造3階建て
① 地震力算定用の建物重量
② 保有水平耐力Qu
③ 必要保有水平耐力Qun
④ 必要値Qun<保有値Quの確認
教材

教材1



●限界耐力計算法(約7時間)

科目 カリキュラム
・RC造3階建て
・S造5階建て
・木造3階建て
①地震力算定用の建物重量
② 保有水平耐力Qu
②-1 保有水平耐力時の層間変形角
③ 保有水平耐力時の固有周期Tu
④ 骨組の損傷時の地震力Qy(降伏強度)
⑤ 骨組みの損傷の程度Df
⑥ 地震加速度の低減率Fh
⑦-1 大地震時に骨組に作用する地震荷重Piの式
⑦-2 大地震時に骨組に作用する地震荷重Pi
⑧ 必要保有水平耐力Qun
⑨ 必要値Qun<保有値Quの確認
教材

教材2


●限界状態設計法(約7時間)

科目 カリキュラム
・RC造3階建て
・S造5階建て
・木造3階建て
①地震力算定用の建物重量
②保有水平耐力Qu
③保有水平耐力Quの変動と耐力係数Φ
④地震加速度応答スペクトルSa(T、ζ:ジータ)
⑤大地震時に骨組に生じる地震層せん断力VEiの式
⑥地震層せん断力VEiの変動と荷重係数rE
⑦必要値Qun<保有値Quの確認
教材

教材3


受講申し込み

  • 耐震性能評価スピード計算法Webコース

    600,000円 +消費税(教材費込み)

お申し込み前にご確認ください

お申し込みに関しては、必ず特定商取引法による表示をご確認ください。

実務

ページTOP