HOME > 講座一覧 > 建築設備士ストレート合格Web

建築設備士ストレート合格Web

学科試験対策と二次試験対策を同時に学習する事で1・2次ストレート合格を目指すコースです。

【学科試験対策講座】
過去問の徹底分析で、苦手分野を克服します!
過去5年間の学科本試験出題問題の要点解説講義で合格を目指していきます。
特に重要な建築設備の問題については、各年度を5回に分けて全問解説します。重要な論点について詳細に解説を行っていきます。建築一般・法規問題は各年度の出題の中から特に重要な論点のある問題を10問抜粋して解説します。
建築全般の内容を補完し、得点力アップを図るためにサポート講義を提供しますので、安心して学習に取り組むことができます。


【二次試験対策講座】
過去問の徹底分析と本年度の予想課題で本試験突破を目指します!
建築設備士二次試験に備え、過去の本試験問題の解説と、平成29年度の課題に対する予想問題の講義を実施する講義です。試験傾向の徹底分析に基づいた講義によって、重要ポイントを押さえ、試験攻略のための知識を身につけていきます。

POINT

Web講義ならではの『いつでも・どこでも・繰り返し』学習により、苦手分野の克服ができます。より高い応用力を身につけることができる映像講義です。

講座概要

お申込み受付 2018年 5月 8日(火)まで

※受講年度は2018年度です。ご注意ください。

配信期間 2017年7月上旬~ 2018年 1次・2次各本試験当日まで
対象者
  • 建築設備士を目指す方
  • 高度な建築設備の分野を学習したい方
  • 設備設計一級建築士取得を目指して設備分野の学習を行っている方
使用教材 学科試験対策教材
二次試験対策教材

受講申し込み

  • 建築設備士ストレート合格Web

    190,000円 +消費税(教材費込み)

    ※消費税について:税率変更の際は、その税率に応じた金額となります。

    ※学科試験の合否に係わらず、二次試験対策まで受講して頂くコースです。
    一度納入した受講料は、理由のいかんを問わず、払い戻しはいたしませんのでご了承ください。

お申し込み前にご確認ください

お申し込みに関しては、必ず特定商取引法による表示をご確認ください。


【学科試験対策講座】 カリキュラム・講義内容

  • 要点解説講義

    [過去5年間の本試験問題を徹底分析する要点解説講義です。]
    ●過去5年間(平成24年~平成28年)の本試験出題問題を使った要点解説講義
    1. 平成25年度 建築設備5回(50問)+建築一般知識・建築法規1回(10問)
    2. 平成26年度 建築設備5回(50問)+建築一般知識・建築法規1回(10問)
    3. 平成27年度 建築設備5回(50問)+建築一般知識・建築法規1回(10問)
    4. 平成28年度 建築設備5回(50問)+建築一般知識・建築法規1回(10問)

    5. 【30年1月より配信】
    6. 平成29年度 建築設備5回(50問)+建築一般知識・建築法規1回(10問)
    【平成30年1月上旬まで限定配信】
    平成24年度 建築設備5回(50問)+建築一般知識・建築法規1回(10問)

    7月

  • ズバリ解説講義

    ●建築一般知識・建築法規を理解するための「2級建築士学科ズバリ解説講義」

    建築一般知識・建築法規のサポート講義として付属の「2級建築士学科分野別厳選問題500+100」の全問に対しての解説講義が視聴できる「ズバリ解説講義」の機能がついています。
    ※平成30年1月下旬より

    1月

  • 模擬試験

    ●建築設備士学科模擬試験

    本試験レベルの予想問題にチャレンジし、学習の習熟度を図ります。
    ※平成30年5月下旬に問題と解答解説集をお届けします。

    5月

  • 学科本試験(6月中旬)

※カリキュラム・講義内容は変更する場合がございます。


使用教材

【2月上旬より発送】
・建築設備士学科問題解説集
・建築設備士受験ハンドブック
・2級建築士学科過去問題集

【5月下旬より発送】
・模擬試験(問題と解説集)


  • 建築士設備士学科問題解説集

    問題解説集

    ≫拡大

  • 建築士設備士受験ハンドブック

    受験ハンドブック

    ≫第4章 拡大
    ≫第5章 拡大

  • 2級建築士学科分野別
    厳選問題500+100
    (画像は、過年度のものです)

    答案例(1)~(4)


【二次試験対策講座】 カリキュラム・講義内容

  • 第1回~第6回(過去問題の徹底分析) 9月上旬より配信

    建築設備士二次試験は、「蓄熱式空調システム」または「コージェネレーションシステム」を利用する建築物をベースに出題されます。予想課題を含む全5課題でしっかり対策していきます。

    回数 項目 時間
    平成26年課題:「温浴施設のある市民センター」
    第1回 平成26年本試験問題
    建築設備基本計画
    【記述】【必須】
    約90分
    第2回 平成26年本試験問題
    建築設備基本設計製図
    【製図】【選択】
    空調 各設備
    約90分
    衛生
    電気
    平成27年度課題:「図書館と屋内プールのある複合施設」
    第3回 平成27年本試験問題
    建築設備基本計画
    【記述】【必須】
    約90分
    第4回 平成27年本試験問題
    建築設備基本設計製図
    【製図】【選択】
    空調 各設備
    約90分
    衛生
    電気
    平成28年課題:「店舗を併設した本社事務所ビル」
    第5回 平成28年本試験問題
    建築設備基本計画
    【記述】【必須】
    約90分
    第6回 平成28年本試験問題
    建築設備基本設計製図
    【製図】【選択】
    空調 各設備
    約90分
    衛生
    電気

    9月

  • 第7回~第8回(前年度課題) 6月下旬より配信

    回数 項目 時間
    平成29年課題:「湖畔に建つホテル」
    第7回 平成29年本試験問題
    建築設備基本設計製図
    【記述】【必須】
    約60分
    第8回 平成29年本試験問題
    建築設備基本設計製図
    【製図】【選択】
    空調 各設備
    約90分
    衛生
    電気

    6月

  • 第9回~第10回(予想課題) 8月上旬より配信

    日建学院のオリジナル予想問題を用いて、当年度の課題対策を行います。

    回数 項目 時間
    第9回 平成30年予想問題
    建築設備基本設計製図
    【記述】【必須】
    約60分
    第10回 平成30年予想問題
    建築設備基本設計製図
    【製図】【選択】
    空調 各設備
    約90分
    衛生
    電気
    • ※選択した設備について 8.5時間(選択以外の他設備も視聴できます)
    • ※配信時間に多少の変更の可能性があります。

    8月

  • 試験

※カリキュラム・講義内容は変更する場合がございます。


使用教材

発送教材

●第1回~第6回講義使用分

2017年8月下旬より発送

問題集
(課題文)
平成26・27・28年本試験問題用
各年B4版16ページ
答案用紙 平成26・27・28年本試験問題用
各年A2版4枚(基本計画1枚+基本設計製図各設備3枚)
答案例 平成26・27・28年本試験問題用
各年A2版4枚(基本計画1枚+基本設計製図各設備3枚)
●第7回・8回講義使用分

2018年6月中旬より発送

問題集
(課題文)
平成29年本試験問題用
B4版16ページ
答案用紙 平成29年本試験問題用
A2版4枚(基本計画1枚+基本設計製図各設備3枚)
答案例 平成29年本試験問題用
A2版4枚(基本計画1枚+基本設計製図各設備3枚)
●第9回・10回講義使用分

2018年7月下旬より発送

問題集
(課題文)
平成30年度予想問題用
B4版16ページ
答案用紙 平成30年度予想問題用
A2版4枚(基本計画1枚+基本設計製図各設備3枚)
答案例 平成30年度本試験問題用
A2版4枚(基本計画1枚+基本設計製図各設備3枚)

※上の画像は、すべて日建学院オリジナル教材(過年度教材)です。

ダウンロード教材

●練習用紙

製図を繰返し練習するための練習用紙です。答案用紙を各問題ごとに分割したもので、方眼や平面図等が印刷されており、プリントアウトして何回でもお使いいただけます。B4サイズでお使いください。

●ビジュアルサブノート

講義で使用するフリップや参考資料を掲載しています。要点確認、整理、復習に有効です。

※上の画像は、すべて日建学院オリジナル教材(過年度教材)です。

受講申し込み

  • 建築設備士ストレート合格Web

    190,000円 +消費税(教材費込み)

    ※消費税について:税率変更の際は、その税率に応じた金額となります。

    ※学科試験の合否に係わらず、二次試験対策まで受講して頂くコースです。
    一度納入した受講料は、理由のいかんを問わず、払い戻しはいたしませんのでご了承ください。

お申し込み前にご確認ください

お申し込みに関しては、必ず特定商取引法による表示をご確認ください。

設備

ページTOP